洋服をリメイクしてキッズのブラウスを作る

subpage01

キッズのブラウスも大人のブラウスも値段はほとんど変わりません。
大きさが全く違うのに値段が違う理由は何でしょうか。

ノースフェイスの子供服のための情報を提供するサイトです。

大人の洋服であってもキッズの洋服であっても、手間ひまは同じだからです。

むしろ月曜の方が小さいので作るのが大変になります。キッズ向けならまだしも、赤ちゃん用の洋服はさらに小さいので手間暇がかかってしまいます。


1つのブラウスを作るのにたくさんの布が必要です。


体は立体的なので正面から見える面積の分だけでは不十分だからです。


布の上に型紙を置いて裁断していきます。
それから縫製を行いますが、端にはロックミシンをかける必要があります。

どの家庭も手を抜くことができません。
ほんの少し型紙がずれてしまうだけで仕上がりがおかしくなってしまうからです。

工場では厳しい品質管理が行われており、基準に達しないものは商品として出荷することができません。
それは大人向けででもキッズ向けであっても同じです。


とりわけ日本は高い縫製技術を保っていることで知られています。



現在は多くのメーカーが海外にも多くの工場を運営しています。

海外の方が人件費が安いどっちからです。確かに東南アジアなどの国の人件費は安いですし、工場を運営する経費も安く済みます。



それでも国内で販売するためには高い技術が求められます。


指示通りであるだけでなく、スピードも大切です。


一定の品質を保ちながら、限られた時間内でたくさんの製品を作らなければいけないからです。