顧客関係管理ツールを使いこなす

営業マンなどをしていると、意外と大事になるのは契約を取ることもそうですが顧客管理をすることです。顧客と言うのは、リピートしてくれるお客さんのことを主にいますが、新しいお客さんを取ることも大事である一方で、既存のお客さんを管理することの方が大事です。お客さんの管理ができていないと、いつの間にか常連と言われているお客さんやお得意先が離れてしまい、会社経営に暗雲が立ち込めるでしょう。このように考えると、新規で開拓することも重要ですが、それと同じ位重要になるのが顧客管理であることが理解できるわけです。

最近は、顧客関係管理ツールと呼ばれるものも出てきていますので、これを積極的に利用してみるのも良いかもしれません。顧客関係管理ツールを利用することで、お客さんの関係を客観的に見ることができます。お客さんは、会社側からすれば非常に重要ですが、あまり接点がなくなってしまうといつの間にか離れてしまうケースがあります。問えば、1ヵ月や2ヶ月以上連絡を入れていないと、離れていくこともよくあるわけです。

新規のお客ばかりに集中してしまい、既存のお客さんの存在を忘れると結局新規のお客さんを取ったとしても既存のお客さんがいなくなってしまうためあまり意味がありません。そこで、顧客関係管理ツールを利用し前回いつぐらいに連絡を入れたかなどをまず認識することが必要です。これは営業マンだけでなく、管理職の人も閲覧することができるため非常に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です