顧客関係管理ツールは引き継ぎも簡単に行えます

ネット上から探せば顧客関係管理ツールを導入できる企業のホームページを見つけることができ、機能性の違いや料金プランの違いなどがあり、導入を検討している会社側では自社に向いている企業を探すことが必須になります。同一の企業でも複数の顧客関係管理ツールを提供していることも多く、会社側は経費の負担を減らすには不要な機能を持たないツールを選ぶことで問題はありません。顧客関係管理ツールの場合、取り引き先の情報を入力することが必要になり、商品を卸している取り引き先の場合は、商談の担当者の情報、既に卸している商品の情報も入力することができます。このことによって顧客先で異なる卸し単価も入力できるので、営業社員が退職をしたとしても新しく雇用した社員にとっても引き継ぎを行う際には既に十分な情報が入力されていることで間違いを起こしてしまうこともなくなります。

具体的な事例では、取り引き先の小売店では7掛けで卸しをしていたとしても、他の小売店では6.5掛け以下でなければ受け付けない場合もあり、新入社員でも顧客関係管理ツールによって注意事項も確認できるメリットがあります。何も知らずに利益追求のために掛け率を大きくしてしまうと無駄な時間を費やしてしまう問題があるものの、ツールを導入することで無駄を作らずに営業に集中できることもメリットです。過去の納入実績も入力しておく方法であれば、新商品を販売する際にも商談すべき小売店を自動でピックアップできる機能性があると売り上げアップに貢献できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です