顧客関係管理ツールと表計算の違い

顧客の管理は表計算で行なっている企業は少なくありません。確かに配送先などの情報として見るだけなら十分かもしれません。でもそれだけでは、売り上げの最大化に繋げることができないため、とても残念な状況です。顧客関係管理ツールを使うことで、顧客満足度を向上させて売り上げも増やすことが可能になります。

それはデータの分析を行うかどうかに違いがあるからです。データは蓄積するたけならただの数字や文字でしかありません。それを意味のあるものに変えるのが分析です。顧客関係管理ツールでは、顧客との接点を全てデータとして扱います。

商談の進捗や見積もりから請求までのやり取り、アンケートや苦情などの集計結果などが含まれます。これらのデータは、従来営業担当者が自分の顧客にどのようなアプローチをするかを検討するために使われていました。それを組織で総合的に行うことで、より詳しく、より広い範囲でニーズを把握するようにします。顧客関係管理ツールのアウトプットは理想の顧客像です。

自社のサービスや商品に合ったニーズを持つ顧客が明確になれば、それを維持するように行動すことでリピーターを増やすことが可能です。新しい顧客を見つける時にもその条件に合った企業を見つけ出せばいいだけです。このように自社に適合する顧客を見つけ出せることが顧客関係管理ツールのメリットです。逆に理想的な顧客像からサービスや商品を考えることもでます。

このようにして顧客のニーズが把握できるのが表計算での管理との大きな違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です