顧客関係管理ツールとは?

会社の中には色々な部署がありますが、営業部と企画開発部などのように、外部顧客との接点を持つ部署などの場合、同じ顧客との名刺交換をそれぞれ異なるタイミングで行っているケースも少なくありません。受け取った名刺は企業の中で有効活用することで新しいビジネスへの展開や新規顧客獲得などに繋がる可能性を持つもの、名刺情報は全社内で共有できる仕組みが必要不可欠です。顧客関係管理ツールは、情報を共有化することもできる機能であり顧客関係管理ツールを導入すると、営業部と企画開発部規格がそれぞれ同じ顧客との接点を持ったなどの情報も可視化できるようになります。顧客関係管理ツールはCRMなどのように略語で紹介が行われることもありますが、お客さん一人ひとりのニーズに合わせてマーケティングや営業、データの分析などを可能にするシステムツールであり、CRMを導入すると名刺など会社の情報資産の可視化やお客さんに合わせた施策や効率が良いPDCAの実現が可能になります。

ちなみに、PDCAとはPDCAサイクルと呼ばれることもあります。PDCAは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字を集めた造語です。計画から改善といった1つのサイクルを何度も繰り返す、継続的に業務改善を行うことを意味します。なお、顧客関係管理ツールは需要が高まっていることからも、様々な機能が実装されているツールも多くあるので自社で必要な機能について考えることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です