トイレで水漏れ?原因はつまりか

トイレのつまりによって水が逆流してしまい、水漏れをしてしまうと室内が大変な状態になってしまって焦ってしまったという経験がある人も少なくありません。そもそもつまりというのは何が原因で起こるものなのでしょうか。流して良いものとされているのは、トイレットペーパーですが、実はこれがつまりの原因になってしまうことがあるのです。子供などは不必要なぐらいペーパーを使用してしまうことがあります。

かなりの量のペーパーを使用する場合には、こまめに水で流す必要がありますが、それをしなかった場合に水が流れずにつまってしまうのです。場合によっては、水が逆流してしまうこともあり、大惨事になることもあるでしょう。また、嘔吐なども原因の一つと言われています。もちろん、流せないとされている生理用品やペーパーの芯などを流すことにより、つまってしまうこともあります。

つまる原因は、つまりやすい箇所に水流が弱いことです。そのほかにも異物を流すことによっても引き起こされてしまいます。トイレの便器のせきの部分というのは排水路の中でも狭くて急カーブになっている場所です。それと、排水口の手前の出口付近にくぼみがあり、ここにペーパーや異物が引っかかることで引き起こされてしまうことがあるのです。

この二つの場所でつまり、水流が弱くなることで流すことができなくなってしまいます。流れないからと水を流し続けると水漏れの原因になり、場合によりトイレ内が水浸しになってしまいますので注意が必要です。水漏れまで引き起こしてしまった時には自分で解決するよりも業者に依頼することをおすすめします。素人が行うことで状況を悪化させてしまう恐れがありますので、正しい方法で行うことと自力で出来ないと判断した場合は業者にお願いすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *