トイレつまりによる漏れに備えよう

トイレつまりによる漏れは起きてしまうと大変だから、日ごろから備えておくことが大切です。ペーパーや排泄物が流れを遮ったときにために、ラバーカップは備えておきましょう。真空式などはいろいろな排水に使えますが、衛生上のことも考えたら便器専用に準備するのがいいでしょう。使っているうちに徐々に流れていくスピードが遅くなっているなら、排水管に汚れが溜まっている可能性が高いです。

専用のパイプ洗浄剤を使ってみても解消できない場合、配管内の洗浄が必要になることが考えられます。もともと節水している人は、流す水が足りな過ぎてトイレつまりによる漏れが起きている場合もあるので、水量の調節を行って解消しない場合にはプロに依頼をしましょう。配管の掃除は水回り修理会社のすべてが行っているわけではないので、トイレつまりにより漏れが起きていて、排水管の洗浄が必要になる可能性があることは依頼を行うときに伝えましょう。日ごろから対応を行っている会社だと、配管内の内視鏡調査を行って問題が起きている部分を把握してから、管内洗浄を行うため解消がスムーズです。

調査を行わずにすぐに高圧洗浄する会社もありますが、自社で装置を持っていない会社に頼むと手配に時間がかかってしまうので注意が必要です。水に溶けにくいものを流してしまうと、小さくても配管内を塞ぐ原因になることがあります。ペットのフンを流さないように注意喚起されているのも、同様の理由です。水に溶けにくい粘性が高いものも、配管内に残りやすいため注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *