トイレつまりで漏れが発生したらすぐに対応を

トイレつまりによる漏れの発生は、不衛生な状態になりかねないため早急な対応が必要です。便器内の水が時間とともに減っていく場合、排水管の流れが完全にふさがっていないため、ラバーカップやスッポンと呼ばれる道具で解決できる可能性が高いです。ただ、ものを落として流れが悪くなってしまっている場合、取り除かないといけないため、この方法は使えません。ペーパーや排泄物によるトイレのつまりで漏れが起きているときは、正しい使い方でラバーカップなどを駆使して解消を目指しましょう。

便器の排水口にしっかりと押し当てることが大切ですが、このとき、カップの部分が水に埋まっているぐらいの水量がないとうまく機能が果たせません。スムーズに作業するためには真空に近い状態にしないといけないため、水が少ないときにはバケツなどでカップの部分が埋まるぐらいにしましょう。ラバーカップなどは押し込むときに力を入れるのではなく、引っ張るときに力を入れます。何度か根気よく押したり引いたりして、流れを取り戻しているか確認を行いましょう。

水に溶けないものを落としてつまらせたとき、落としたものの姿が見えない場合には便器の取り外しをして探さなければいけないので、プロに頼む必要があります。トイレつまりの漏れに対応している水回りの修理会社、地元の上下水道工事会社、設備工事会社などいろいろなところで対応しています。テレビCMで有名な全国展開している修理会社、マグネットやチラシなどでよく見かける会社などでは修理代がとても高い会社もあってトラブルが多いため、直してもらう前に修理費や出張費などトータルした金額を聞いてから依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *