蛇口の水漏れへの対応

一般家庭のなかでもおこりがちな住まいのトラブルといえば、代表的なものに水漏れが挙げられます。程度になってその被害もまちまちですが、放っておくと周囲の床や柱、土台などをむしばんで腐食させてしまうほか、カビや雑菌をはじめとして、シロアリなどを呼び寄せてしまうことさえもあります。そのため被害が少ない段階で適切な修理をしておくことも重要であり、将来的に大きな被害を出さないようにするための秘訣です。水漏れが生じる箇所は配管の継ぎ目にあたる場所が多く、蛇口の部分などもその候補になりますが、原因を正しく突き止めてはやめに適切な修理をほどこすことが問題の解決につながります。

水道の蛇口からの水漏れにもいくつかのパターンがあり、多いのはパッキンの部分が劣化したり破損してしまったりすることによるものです。この場合は蛇口をいったんはずしてパッキンを取り替えるだけでも改善されるはずですので、場合によってはホームセンターなどで必要な素材を購入して自前で交換の作業をしてみてもよいでしょう。ほかにはナットの部分が使い込む間にゆるんでしまって水漏れが起きるパターンですが、この場合もゆるみを締め直して解消すれば水が漏れることはなくなります。浄水器や食洗機などを新しく取り付けたことが原因となっている場合には、専門的な知見が要求されることもありますので、自力で解決しようとはせずに、専門の店舗に依頼をして修理してもらうのがよいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *