風呂場のリフォームで失敗しないために

最近では、お風呂場をはじめとするリフォームが楽しみとなり普及しつつあります。しかし、ネットでは多くの失敗体験談もあがっています。金額的にも大がかりなものになりますので多くの意見を参考にしながら風呂場のリフォームを施行されることをおすすめします。一般的なお風呂場の広さはどの程度がよいのでしょうか。

従来の入浴空間は、0.75坪の浴室が目立っていました。最近では、45cmほど大きめで1坪以上の浴室リフォームが普及しつつあります。開放的な気分を味わうためにも、浴室の面積を広げることをおすすめします。浴室の面積を広げることが難しい場合には、浴室と脱衣室の間を透明なガラスで仕切ることも良い方法であると言えます。

透明なガラスで仕切ることを気にされる方には、スイッチ一つで透明、不透明を変更できるガラスもあるようです。それぞれに適するものを選ぶようにしましょう。また、一日の疲れを癒す目的を要する浴室を2階にリフォームする家庭もおられるでしょう。ネットであげられる失敗談として次のような話もあがっています。

浴室の解放感を優先してリフォームしたために、外から浴室の中の様子が丸見えになってしまったという事例もあります。また浴室内の照明器具の取り付け位置にも注意が必要です。取り付け位置によっては浴室にいる人のシルエットが窓に映る可能性があります。できる限り照明器具は窓側の近くに設置するように考えなければなりません。

折角の楽しい計画が無駄になるような出費は避けなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *