コンクリートの風呂を綺麗にリフォームする方法

風呂の中にはコンクリートで作られたものがあり、在来工法の場合ではその多くが該当しています。このタイプの浴室の場合では、経年劣化によって汚れが蓄積されてしまうことがあり、カビなどが発生してしまうことも目立ちます。綺麗に掃除を行っていても、除去できない汚れが付着してしまうことも多く、この状態では清潔感を得ることができません。そこで、風呂リフォームを考える方も多いものですが、その方法としては、塗料を用いる方法があります。

塗料に関しては必ず浴室用として販売されている、耐水性や耐久性の高い塗料を選ぶことも基本です。現在ではホームセンターなどを利用した場合では、該当している塗料が多数販売されているので、好みに合わせたカラーの塗料を購入する方法で、素敵な風呂リフォームを行うことができます。塗り方に関しては、事前に浴室を十分に乾燥させることが必要です。次に養生を行うことになり、湯船や蛇口など塗料が付着しては困る場所を隠すことを行います。

塗料の塗り方は簡単で、ローラーを用いて一気に塗り広げる方法で綺麗な風呂リフォームを行うことができます。一般的には3回塗り程度の重ね塗りを行う方法で、十分な塗膜を形成することができ、長期間にわたって綺麗な壁面を保つことができます。在来工法の浴室の場合でも、ユニットバスへとリフォームする方法も用意されていて、サイズに合わせたユニットバスの製作も決して不可能ではないので、興味を持っている方であれば専門業者に問い合わせを行うこともおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *