簡易的に行える風呂のリフォームの手順等について

風呂のリフォームを考えている方の中には、混合栓からの水漏れをきっかけに検討される方もいます。混合栓に関しては、水漏れの対処方法などもあり、主に漏れている箇所のパッキンを交換する方法で直すことができます。修理専門の業者も存在しているので、比較的簡単に対処できる方法ですが、あまりに古くなってしまった混合栓の場合では、何度直しても水漏れが起きてしまう現象が見られる場合があります。このような状態ならば、簡易的に行える風呂リフォームの方法があり、混合栓だけを新しく交換する方法があります。

その手順に関しては、止水栓を閉めた状態で蛇口の根本部分に取り付けられているナットを外していく方法です。完全に外した場合では、混合栓の本体を取り外すことができるので、壁側にクランクの部分が残った状態になることが一般的です。次にクランク部分を取り外し、逆の手順にて新しい混合栓を取り付ける方法で、簡易的に風呂リフォームを済ませることができます。しかし、混合栓だけを交換した場合でも、快適な状態にすることは可能ですが、風呂全体が劣化してしまっている場合では、完全な風呂リフォームとしてユニットバスを丸ごと交換することもおすすめです。

この場合では選び浴室によって大きく差が生じることになりますが、約60万円程度から100万円程度の料金で施工できる場合があり、プロの専門業者に依頼を行う方法でスムーズに施工してもらうことができ、再び長期的に快適な浴室として利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *