お風呂のリフォームを

家のお風呂が大変寒くて冬場の冷え込みがひどいという場合や、床などが滑ってしまって危ないという場合などには、お風呂のリフォームをしてみてはどうでしょうか。お風呂というのは裸で入るものですので、こけた場合などに思わぬ怪我などをしてしまうことなども多いです。また浴室内がとても寒い場合に、浴槽にすぐ浸かってしまうと温度差でヒートショックなどを起こしてしまう場合もあります。ヒートショックは体に大きな負担をかけることになってしまいます。

ヒートショックによって急激に血圧が上昇してしまった場合などには、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を起こしてしまうこともありますし、最悪な場合は死亡してしまう恐れなどもあります。また逆に、急激に血圧が低下した場合などには脳貧血を引き起こし浴槽でめまいが起きることによって予期せぬ怪我をしてしまったり、溺れたりする危険性もあります。それを防ぐ為には、浴室や脱衣場を暖かくすることができるようにリフォームをしたりすることをお勧めします。また、バリアフリー使用にリフォームするのもお勧めです。

脱衣場と浴室の段差をなくしたり、床を滑りにくい素材に変えたり、浴槽には手すりを設置するなどのリフォームを行うと、年をとってからも使いやすいお風呂になりますのでお勧めです。お風呂というのは毎日使う人が多いと思いますので、心地よく使うことができるように、自分の理想の形にリフォームをするというのも大変お勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *