洋式便器つまりトラブルが起こる原因とセルフ対応方法

一般家庭はもちろんのこと、学校や会社・商業施設でも必ず備わっている水回り設備がトイレです。限られた個数で大勢の人々が共用することから、水回り設備の中でもトラブルが起こりやすいという特徴があります。日本では1990年代以降、洋式便器が広く普及するようになりました。この洋式便器の使用増加と共に便器つまりトラブルも比例するように増加しています。

洋式便器の場合、下水管へと直結している排水管がS字の形状になっているのが特徴です。これは和式便器とは異なったサイフォン式排水という仕組みを取り入れているからです。サイフォン式とは水の力で汚水を下水道へと押し出すことを指しており、直径4cmの細い排水管で少ない水量でも十分な水圧を生むためにS字形状をしています。この形状を持つ洋式便器ゆえに、排水管内でペーパー等の異物がつまるというトラブルを発生しやすい原因にもなっています。

洋式便器つまりトラブルが起こった場合は、早急に対応しないと汚水が室内に逆流する可能性があります。この対応方法は比較的容易で、セルフでおこなうことも可能です。セルフ対応をする際は、スーパーマーケットやホームセンターで販売されている「ラバーカップ」を用意しましょう。ラバーカップは洋式便器つまりに特化した対応道具で、90cmほどの柄の先端にラバー製の大きな吸盤が備わっています。

これを便器の排水口に押し当てることで排水管内の空気を圧縮して、内部に詰まっている異物を押し出すことが可能です。簡単にセルフ対応ができるので、ラバーカップは一家に一つは備えておくと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *