トイレのつまりトラブルを予防

トイレのつまりトラブルを防ぐためのポイントがいくつかあります。日頃の心がけが重要ですので、できることから始めましょう。すぐにでも実践できる対処法として、大量のトイレットペーパーを流さないことが大切です。普段からたくさん流すことの多い人は、少しずつ減らすように努力することでリスクを減らせます。

トイレに流すために作られたものなのでたくさん流しても問題ないだろうと考える人もいるようですが、限度があってそれを超えるとつまりは発生します。掃除用シートやティッシュペーパー等には水に流せると書かれているものがありますが、あまりにもたくさん流し過ぎるとトラブルになる可能性大です。トイレットペーパーでなければ、通常のごみとして処分するのが無難です。異物に関しては、直接的なつまりにつながるため、誤って入ってしまったらすぐに取るようにします。

取り除かずに奥の方に入り込んでしまうと、自力では対処できなくなります。ご家庭でよく入り込む異物としては、子供のおもちゃや掃除用品、生理用品を挙げることができ、食品類の場合には故意に流している人が大半です。節水を心がけている人も、間違った知識で節水を実践しないことがトラブルを回避するコツです。例えば、いつでも小の方で流すとか、タンク内にペットボトルを入れて置いて水の量を減らすといった行為はつまりの原因になります。

タンク内にペットボトルを入れると、タンクの破損も引き起こされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *