トイレの水漏れを自分で修理する方法

トイレの水漏れに気付いたなら、自分で修理できる箇所なのか、業者を呼ぶべきなのかを判断しなければなりません。

例えば、給水管と配水管をつなぐ分岐部分から水がポタポタと漏れているような場合であれば、分岐部分のパッキンの劣化が原因なのかもしれません。そうであれば、自分で新しいパッキンと交換することで簡単に修理できます。また、タンクと便器をつなぐ配管から水漏れしている場合、配管のナットが緩んでいるかパッキンが劣化しているのかもしれません。

この場合も、自分でナットを強く締めるかパッキンを新しいものと交換することができます。さらに、タンクと配水管の接続部分から水が漏れている場合も、パッキンの不具合が原因となっていることが多く、新しいパッキンに取り換えることで解決することがあります。加えて、トイレの水漏れを自分で修理できる別の状況として、便器内に水がちょろちょろ流れてくる場合があります。

そのような状況では、水位調節リングを回して浮き玉の位置を調節することによって簡単に直すことができるでしょう。他にも、トイレのタンク内からちょろちょろと水漏れしていることがあるかもしれません。この場合には、タンク内にあるボールタップの劣化が原因であるとも考えられます。それで、新しいボールタップと交換することで、修理することができるでしょう。重要なのは、トイレの水漏れが生じていて、自分で修理することが難しいと感じる場合は、できるだけ早く専門業者に相談することです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *