トイレ水漏れ修理は準備を整えてから

タンクや便器からポタポタと水漏れして、いつのまにかトイレの床が濡れていたら慌ててしまうものです。

集合住宅などではうっかりすると、階下の部屋に迷惑をかけてしまうことにもなり、出来るだけ早い修理が望まれます。トイレの水漏れというのは、目に見える箇所だけでなく、給配水管などさまざまな場所が原因となっていることもありますので、まずは場所を特定するのが先決です。特定がむずかしい場合は、あれこれといじらずに専門の修理業者に連絡をとったほうが良いでしょう。

水漏れしている場所が分かり、自分で修理するなら原因に応じた道具を用意します。例を挙げれば、詰まっているなら「ラバーカップ」、吸引して解消するものでホームセンターなどで手に入ります。次にネジなどをゆるめる際に使う「ドライバーやレンチ」など、そして「水を入れたバケツ」があると、部品を洗ったり便器に水を流す際に便利です。いざ、トイレの水漏れ修理作業に入る前には「止水栓」を閉めることを忘れてはなりません。

といっても、止水栓ってどこにあるのか分からない、という人もいることでしょう。通常はタンク横に付いている場合が多いので、慌てずに見つけてください。もしも見つからないという場合は、家の水道の元栓を閉めることで対応できます。元栓は戸建の家なら地面にあることが多く、集合住宅は玄関ドア横のメーターボックスの扉を開けると、メーター付近にあるはずです。ハンドルを右に回すと閉めることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *