トイレの水漏れを見つけたら必ず修理しましょう

トイレの水漏れは、すぐに修理しましょう。

放置すると水が溜まって床を傷めますし、蒸し暑い夏には湿気の原因になったり、カビが生えることもあります。また場所柄を考えると湿気があるのは、不衛生ですよね。トイレの水漏れしていたら、量に関係なく修理することをおすすめします。様々なトラブルの中でも多いのが、ポタポタと音がする、水が止まらない、パイプが濡れているなどです。トイレを修理するには、水漏れの音がどこからしているかが重要になります。便器のヒビが原因になることもありますが、ほとんどを占めるのがタンク内にある部品やパイプの故障です。

トイレのタンク内で水漏れしている場合は、浮球やゴムフロートと呼ばれる部品が故障した可能性があります。この場合はタンクの蓋を開けて、中を確認します。特に水に浮いている浮球を持ち上げてみてください。ボールタップを持ち上げると止水弁が閉じて水が止まるはずです、もし止まらない場合は浮球やアーム、止水弁に問題があります。軽度の場合は浮球を戻すだけでなおることもあります。この場合は、浮球が割れていないかを確認しましょう。

また浮球を上げても水が止まらないときは、止水弁に原因があるかもしれません。止水弁が原因の場合は、業者にトイレの修理を依頼しないと水漏れをなおせません。この他にも便器内に水が常に流れているときは、鎖がからまってゴムフロートがしっかりと底についていない可能性があります。またタンクへ水を供給する給水管付近のナットが緩んでいるとパイプが水で濡れるため、レンチで締めなおしまよう。これで治らない場合は給水管に原因があるため、やはり専門業者に修理を依頼してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *