トイレで起こりやすい水漏れの修理

トイレのトラブルで多いのは水漏れですが、すぐに気が付かないことが少なくありません。

たとえば、フロート弁が寿命になって便器の周りから一筋の水がチョロチョロと流れていても、なかなか気がつきにくいものです。また、タンクの中からピチャピチャと滴が垂れているような音が聞こえても、タンクの中を覗くこともなくそのまま放置している人も少なくないようです。特に、高齢者にこの傾向が強いようです。便器にしてもタンクにしても、直接床が水で濡れるわけではないので気が付きにくいのです。しかし、わずかなトイレの水漏れでも、ずっと漏れ続ければそれなりの水量となります。

そうなれば水道代も上がってしまうでしょうし、その水漏れは自然に改善することはなく、むしろ時間が経過するごとに悪化していきます。だから、気が付いたらできるだけ速やかに修理することが望ましいのです。タンク内から水漏れの音が聞こえる場合は、ボールタップにトラブルが起きている可能性が高いです。手洗官からいつまでも水が止まらない場合や便器の周りから水が止まらない場合は、フロート弁に問題がある可能性があったり、浮き球に問題がある可能性が高いでしょう。

フロート弁の交換や浮き球の交換程度であれば、誰でも簡単にできます。サイズを間違わないように新しい部品を購入してくれば、女性でも修理可能です。また壁からタンクに伸びている給水管から水漏れが発生している場合は、自分で修理できないことはありませんが、給水管を曲げて調整しなければならないので難易度はかなり高いです。無理な場合はトイレ修理の専門会社に連絡を入れましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *