トイレの水漏れ修理の基本

トイレの水漏れを発見した場合は修理の前に止水栓を閉めて水を止めます。

止水栓は水回りの器具には大抵の場合はついています。これを閉める事でトイレ全体の水が止まり、水漏れが一時的に止まります。この時、止水栓をどの程度回したのかを覚えて置く事で、再び開けるときに適切な開き具合にできます。トイレの水漏れは給水管などのパイプから水が滴っている場合、トレイの床が濡れいている場合、温水洗浄便座の脇やノズルから水が漏れている場合、便器内に水が少しずつ流れ続けるタンク内の問題の場合の4パターンに分ける事ができます。

給水管は接続部分のナットが緩んでいるまたはパッキンが劣化している場合が多く、ナットの場合は締めるだけ解決し、パッキンは同じサイズの新しい物に交換するだけで解決します。トイレの床の水漏れは便器を持ち上げたり設置したりするので余計なトラブルが発生する可能性があるので専門業者に連絡した方が無難です。温水洗浄便座の場合はノズルを交換します。それ以外の操作パネルの下や便座脇は水だけではなく電気も扱う事による事故の危険がある為、専門業者に連絡します。

タンク内の問題はタンク内の機器の位置を確認して正しい位置に戻すだけで直る場合があります。違う場合はゴムフロートやボールタップの劣化が原因である可能性があるので、各パーツを取り換えます。ボムフロートの交換は簡単なのですが、それ以外の機器は工具も必要となり難度が高いので専門業者を頼ります。便器のひび割れによる水漏れの修理はメーカーが推奨していない為、新しい便器に交換するまでの緊急処置に留めておきます。個人の修理では安全性に問題が発生します。また、自分では手に負えない事態に遭遇した場合はすぐにメーカーなどを頼ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *