トイレのパッキン交換による修理の正しい手順

トイレの水漏れを修理する際に必要になるのがパッキンの交換です。

パッキンを交換する時の手順ですが、最初に止水栓をしっかりと閉めてタンク内の水を抜きます。なぜこのような処置が必要なのかというと、タンク内に水があると作業中に水があふれ出す恐れがあるからです。水があふれ出したらトイレ内が水浸しになり、カビの原因にもなります。安心して修理をするために必要な作業ですので、実際の修理とは関係しない等と思わずにきちんと閉めてから行いましょう。タンク内の水を流しきったら漏れている箇所のナットを外しますが、給水管の給水管のパッキンを交換する場合で止水栓側のものに関して処理を行うケースでは、タンク側のナットも外さなければなりません。

タンク側のナットを外す時には気を付けたいことがあり、タンク内のボールタップが一緒に動いてしまうことが多いので、押さえながら緩めましょう。ナットを緩めていくと、パッキンが見えます。パッキンが見えたら、新しいものに交換できます。交換は難しくはありませんが、給水管のタンク側と止水栓のパッキンは少し特殊なつけ方をされていますので、間違えないように注意が必要です。交換が終わったら、パイプ類を取り外した時と逆の手順で戻していきます。トイレは狭くて見えにくいこともありますが、その場合は懐中電灯等を上手く活用して、手元をしっかりと見ながら作業するのがお勧めです。修理をしていたパイプに破損があることに気付いたら、パテで埋めて応急処置しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *