トイレのトラブル、修理の仕方

トイレは一日に何度も使用する、私たちが生活していくうえでなくてはならないものになっています。

何か物を落としてしまったり、トイレットペーパーが流れていかなくて詰まったり、水が止まらなくて出っ放しになってしまうようなトラブルもあります。トラブルの内容によっては、専門の業者に依頼する前に何とか自分で修理できるようならば、試してみるのも良いと思います。便器内に水が漏れていて、いつになっても流れ続けていて止まらないような時があります。焦らずに落ち着いて、必ず止水栓を閉めてからタンクの蓋を開けてみます。タンクの一番下のフロート弁がずれてしまっている場合は、元の位置に直すことで水の流れは止まります。レバーの先に鎖で繋がれているゴム製のフロートバブルが絡まっている場合は、絡まりを解消し元の位置に戻します。

フロートバブルが少し浮いてしまうことで、便器内に水が流れ込みますが、元に戻すことで解決します。タンク内に水が溜まらない場合は、フロートバブルが長年の使用により劣化してしまい損傷している可能性があるので、新しいものと交換します。鎖の長さに気を付けないと、レバーを引いても水が流れずフロートバブルが元の位置に戻らないので、長さの調整には気を付けます。トイレの修理は仕組みや構造がいまいちよくわからないまま、何となく自分で修理してしまうと直せない場合もあります。部品の交換方法がわからず不安でしたら、専門の水道業者に依頼することで早く直すことができ安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *