Skip to content

プッシュ通知の書き方

スマートフォンの画面に突然現れるプッシュ通知はどのような内容であれば読んでもらえるのでしょうか。

どれだけ多くの通知をしても読んでもらえなければ意味がありません。読まずに捨てられてしまうチラシのようなものです。だから目を引く内容でないと消されてしまいます。プッシュ通知が表示される時にはあまり多くの言葉を含めることができません。そのため15文字から20文字程度に効果的な表現を収めなければいけません。伝えたいことは通知を開いた後で構わないので、まずは開いてもらう必要があります。

詳しく知りたいと思ってもらえれば第一段階は成功です。プッシュ通知の目的は、気づかせることです。その場で全てを紹介する必要はありません。顧客が購買に至る過程の中で、最も上流にある「認知」を促すものです。こんなものがあるのか、知らなかったと感じてもらえることで十分に目的を達します。そのため、「知っていますか」のような疑問から入るパターンや特報のような特別感を提供することも有効です。

今話題になっていることで興味を引くこともあります。そして開いた時には画像で一目でわかるような構成にした方が効果が高くなります。どのような構成が効果があるか確認するためには少数のグループに2種類のプッシュ通知を配信することも考えましょう。その結果によって効果が高い方を選択的に使用する方法もあります。このようにして改善を繰り返していくと早い段階で効果の高い通知が行えるようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *