Skip to content

良いプッシュ通知の条件

良いプッシュ通知の条件は、わかりやすく興味を引く内容であることです。

なんだろうと思われたものは開封されて見てもらうことができます。その内容が自分のニーズに合っていれば購買につながっていきます。購買まで行き着く割合が高ければ高いほど効率の良いと言う評価になります。

では、わかりやすいことや興味を引くこととはどのような内容でしょうか。それは紹介する商品やサービスによって変わってきます。その内容を知るためには、ペルソナを構築することが重要です。

ペルソナとは人物像のことになります。その商品やサービスを求めている人物像を思い浮かべて、その人が考えることや行動を想定します。そしてその想定に合わせてプッシュ通知を実施すれば良い結果が得られるはずです。

ペルソナは、できるだけ細かく作った方が効果的です。年齢や性別だけではイメージがわかないため精度の高い結果を得ることができません。実在する人物を模倣した方が、わかりやすく対応しやすくなります。

ペルソナに合わせたプッシュ通知を作っても複数の案ができてしまった場合はABテストを実施してふるいにかけましょう。最終的にどちらが優れているかは顧客に依存します。だから同じ条件のもと2つのグループに通知した結果を今後の計画に盛り込んでいきます。

そしてその結果は次のペルソナ構築に役立てることが可能です。いろいろと試して効果の高いプッシュ通知にするには長い時間がかかります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *