Skip to content

パーソナライズを導入する意味とは

パーソナライズとは、顧客やユーザー全員に同じサービスを提供するのではなく、各ユーザーの属性や行動履歴に基づいて最適な情報やサービスを提供する手法のことを指します。

例えばWEBサイトや電子メールの場合では、利用者個々人を特定して一人ひとりに合わせて提供するサービスやコンテンツを変化させたり機能をパーソナライズする機能があります。

オンラインショップやポータルサイトの場合には、ユーザーの性別・年齢・趣味・職業等の登録状況によって提供するサービスやコンテンツを変えるという手法を採用していることが多いです。また、ユーザーの購入履歴・閲覧履歴から関連性の高いコンテンツや商品を提供する手法を採用していることも多く、これらのパーソナライズによりユーザーが欲する情報を優先的に提供することが可能となるのです。

インターネットが普及する以前は、マスマーケティングと呼ばれる考え方が主流となっていました。マスマーケティングではテレビやラジオ等のマスメディアを通じて不特定多数の顧客に同じ情報を提供し、大量に同じ商品を販売する手法が中心となります。

しかし、市場に商品が溢れている現代では、顧客一人ひとりのニーズに対応した販売手法を取り入れないと商品が売れない時代になっているのです。そこで、オンラインショップ等ではユーザー自身に顧客情報を登録してもらい、サイトを訪れた際に関連性のある商品をおすすめ商品として推しだすことで購買意欲を促進しているというわけです。

近年では特に個人のニーズに応じた商品・サービスを提供することが重要となってきているので、パーソナライズはより多くの分野で採用されることが予想されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *