Skip to content

行動を学習するオートプッシュ

プッシュ通知はアプリによって顧客に求められる情報を表示することで集客するオンラインマーケティングツールの一つです。

ただし、そのタイミングを決めるのはなかなか難しいため効果が上がらないことがあります。その通知のタイミングを顧客の行動から学習して自動的に行うのがオートプッシュと言う機能です。

オートプッシュを使うとアルゴリズムが顧客の行動を解析して次にニーズがありそうなタイミングを予測してプッシュ通知を送ります。この運用を繰り返すことで、実績が蓄積されて精度の高い通知を行うことができます。

顧客にとっては欲しいときに連絡が来るので来店する確率が高くなります。従来のプッシュ通知は毎週や毎月、場合によっては店舗の事情で行なっていました。一人一人の行動に合わせたタイミングで行うことは困難で大変な労力を必要としていました。

顧客と密接に関係するサービスではこのようなきめ細やかな連絡は担当者個人の気遣いとして行われていたもので、効果があることは実証されています。顧客は個人的な対応をしてくれることに喜びや信頼を覚えます。

たとえそれが人が行なっているわけではないとしても関係ありません。自分のために連絡をくれると言うことが重要になります。きめ細やかな対応をシステムによって自動で行うことができるオートプッシュに効果があることは実証済みと言うことになります。あとは、どれだけ学習精度をあげられるかと言うところにかかってきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *