Skip to content

アプリを使ってO2O

実店舗への集客方法はチラシや貼り紙からネットでの広告やメールに変化してきました。

そのような集客方法をO2Oと言います。web上の広告をオンライン、実店舗をオフラインと捉えてオンラインからオフラインへと言う意味から使われている言葉です。On2Offと表現されることもあります。

具体的にはスマートフォンにインストールされたアプリからプッシュ通知をすることでタイムセールやキャンペーン、クーポンの配布などを行うことで来店を促すサービスです。最近では郵便やチラシなどを配布しても目に通してもらえる可能性は低く、効果は限定的です。

アプリを使えばwebページへの誘導や新着情報の提供を直接行うことができます。これからはO2Oを活用しないと安定した集客は望めません。アプリによるO2Oのメリットはコストの面にも現れます郵便やチラシは印刷のコストがかかります。

それを配布する時間や人手も考えなければいけません。アウトソーシングならその費用も必要です。web上で行われる場合は、それらの費用は必要ありません。また、配布するクーポンの量もある程度管理することができます。

不特定多数に配った場合、どれだけの利用があるのか知る方法はありません。アプリなら期間を限定したり、枚数を制限することも可能です。

広告の費用が低く抑えられる分、サービスに回すことで来店する意欲を高めることができます。魅力的な情報は人を動かす効果があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *