Skip to content

クーポン以外のO2Oアプリの活用

アプリによるO2Oと聞くとクーポン配信がすぐに浮かぶかもしれません。

でも、何度もクーポンを出していては売り上げの減少にもつながってしまいます。クーポン以外で顧客を誘導することを考えないと継続的な活用はできません。基本的には何か実際にお店に行かないといけない状況を作ることです。

O2Oを顧客の目線から考えると直接見たい、触りたい情報をネットで発見したと言う状況です。そのため、今まで見たことのないものや体験を提供できると言うことがわかれば自然と実店舗絵の誘導ができるようになります。

例えば、購入者の感想を掲載して、見てみたい、食べて見たいと言う気持ちにさせることや数値的な違いを示して本当に違うことを店舗で確認できるようなイベントを開催することです。アプリでそれらの情報をプッシュ通知して興味をそそります。

また、アプリを使ってアクセスログと来店ログを合わせてサービスを提供することでO2Oにつなげることもできます。あるサービスを受けるには起動時に記録されるアクセスログと来店時に記録される来店ログがないといけないとすることで足を運んでもらうことです。

見てみたい、触れて見たいと言う感情を利用するか実店舗でしか完了しないイベントなどによってO2Oにつなげる取り組みが重要です。

そのためには積極的な情報提供で割引だけではない戦略を立てる必要があります。お店の強みを最大限に表現することがマーケティングの基本です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *