Skip to content

アプリを使ったO2Oで会員登録

来店スタンプによって割引を行うサービスはよく見られる戦略のひとつです。

一度来店した顧客をリピーターにするためにある程度の効果があります。問題は一度も来店しない顧客が呼び込めないと言うことです。再来店の顧客確保も大切ですが新規開拓は売上の向上に大きく影響します。

それを可能にするのがアプリを使ったO2Oです。SNSなどでお店の情報を提供し、アプリをダウンロードしてスタンプカードの代わりとして活用します。来店ごとに記録されるログによってサービスが受けられるような運用を展開します。

これなら来店していない顧客に対してもスタンプを貯める環境を提供できます。O2Oの活用としてある程度の効果を期待できます。この程度であれば、チラシを配っているのと変わりません。アプリであることを最大限に活用しなければ意味がありません。

そのために効果が期待できるのが直接予約が可能だったり、提供できるサービスの事前確認ができたり、不安にい思っていることを直接質問できたりする機能です。実店舗に行くための前準備が全てできていれば来店の敷居が低くなるでしょう。

新たにお店に行くと言うことはとても不安に感じるものです。最初に期待通りかを確認できる環境として利用することで安心して来店もらうことができます。

割引だけのO2Oではその場限りであったり、売り上げが上がらないなどのデメリットがあります。このお店なら希望を叶えてくれそうでと思ってもらえることが一番重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *