Skip to content

O2Oアプリは集客力のアップに貢献する

O2Oのアプリを利用したサービスは様々なタイプの業種で展開されており、大きな効果を得る企業も登場しているので、多くの企業が関心を寄せています。

基本的にO2Oのアプリを利用する場合には、ターゲティングが重要な要素となっています。明確に顧客とするターゲット層を限定しておくと、マーケティングがしやすくなるだけではなく、広告にかける予算を削減することができるのでメリットの多いアプローチです。

そのため近年ではまずマーケティングを中心に展開して、その結果を踏まえた形でO2Oのアプリを活用するケースがほとんどです。そのようなプロセスを踏まないでO2Oのアプリを導入してしまうと、適切な形で顧客にアプローチできなくなってしまいます。

そのため基本的にはターゲットを明確に限定して、ピンポイントで情報やメッセージを届けられるようにしましょう。もちろん実店舗を利用してもらえるメッセージも重要なので、店舗情報や新商品の情報を付け加える必要があります。

O2Oアプリはお得なクーポンコードを発行したり、最新の店舗情報を随時アピールしたい場合には、大変有効な手段となっています。また各種のサービスに親しみをもってもらえる環境を整備できる点も大きな魅力です。

直接店舗にやってきてくれる工夫も重要ですが、まずは店舗やサービスのファンになってもらうことが大切なので、集客を焦らずになるべく長い期間利用できるように各種の設計を見直すと良い結果が出ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *