Skip to content

チラシとしてのO2Oアプリ

売り出しやイベントなど多くの情報を新聞の折り込みチラシで提供している時代がありました。

新聞の電子化が進み、紙での提供数が減ったことから、そのようなマーケティングに限界が見えてきています。それに変わるのがアプリを利用したO2Oビジネスもでるです。今になってもチラシによる情報提供が機能しなくなったわけではありません。

顧客は得する情報を求めていますし、少しでも安価で購入したいと考えています。その情報を提供する方法に変化が必要と言うことです。メールによる配信も可能ですが、不通などのトラブル対応にリソースが割かれる恐れがあります。

そこで最も普及しているスマートフォンに着目すべきです。アプリを使って毎週チラシが閲覧できるサービスによってO2Oを実現します。新たなチラシが有効になったらプッシュ通知によってお知らせを行い、アプリで見られるようにします。

アプリをダウンロードした数は潜在顧客となります。この方法であれば印刷する必要はないためチラシの公開まで原稿を作り込みことができるメリットもあります。もう一つのメリットとしては、更新情報を提供できることです。

他社の状況を見ながら価格の調整をしたいときにすぐに情報提供することができます。これは紙媒体でのチラシではできなかったことでO2Oのモデルとして新たな効果になります。このようにして取り逃がしていた顧客の確保によって集客力を高めて売り上げに貢献できるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *